この日はT-REXさんとのリーグ戦とブルーシャークスさんとの練習試合。
なんとか連敗を止めたいところでしたが、2試合とも大量失点を喫して連敗。
なんだか交流戦に入ったヤクルトのようなチーム状態になってしまいました。

  1 2 3 4 5 6 7 計
ラ 0 0 0 0 1 0 2 3
T 0 1 5 5 1 4 × 16

ライナーズ先行で始まったリーグ戦2試合目。3回表終了まで、両チームヒットが出ない投手戦になるかと思われましたが、3回裏にエラーの後、先発藤原投手が相手打線に捕まってしまい5失点。
4回も復調しない藤原投手はランナーを二人出したところで岡投手にスイッチ。
急遽登板した岡投手でしたが相手の勢いを止めることができず、その後もエラーもあって失点を重ね、終わってみれば大量16失点となりました。

打撃の方は、最終回に平野選手のツーベースと長谷川選手の押し出しで2点を返したものの、最後は元大エース安井さんのライトフライにて試合終了。3-16の完敗となりました。

これによりリーグ戦は2戦0勝2敗。今シーズンはまずは5割維持を目指して戦っておりますので、中盤戦・後半戦の巻き返しに頑張りましょう。

試合の詳細はコチラから。

最終回のツーベースを放つ平野選手
10.05.22_hirano


二試合目はブルーシャークスさんとの練習試合。
  1 2 3 4 5 計
ブ 2 5 4 2 2 15
ラ 4 2 2 2 0 10

前の試合で途中降板となったため、修正したイメージを持っておきたいと思い、再び先発した藤原投手ですが、修正するどころか初回の2ホームランを含む2回7失点。いきなりリードされる展開を作ってしまいました。

2試合目は打撃陣も奮起し、藤原選手と安井選手の2ホームランを含む12安打を放ち、10得点。
その後安井投手登板も、相手に満塁ホームランを喫するなど、かなりの打ち合いとなった試合は、15-10で敗れてしまいました。

ホームランがなぜこれだけ出たかというと・・・、今回はガス橋の8面で初めてやったのですが、レフトが異様に狭い!のです。
ちょっとした大きなレフトフライがことごとくスタンドまで届くお互いピッチャーにとって厳しいグランドとなってしまいました。

最終回は平野さんが久々に登板。少し変化球がまだ納得いかない感じでしたが、ストレートはかなり伸びておりましたので、今後の登板に期待が持てそうです。

そしてこれまでフル出場もヒットがなかった若松選手ですが、この試合はついに3安打で打棒爆発。

個人的には一度は打ちたいと思ったスタンドインのホームランをついに打つことができたので一つ成果なのですが、あまりにピッチングが悪すぎたので、喜びも半減でした。

次の週は練習試合+公式戦、連敗ストップに向けてなんとか頑張っていきましょう。

試合の詳細はコチラから。


3安打を放った若松選手
10.05.22_wakamatsu
レフトオーバーのホームランを放った安井選手
10.05.22_yasui

You must be logged in to leave a reply.